任意整理 返済期間

任意整理の返済期間

 

任意整理の返済期間

任意整理は自己破産と違って、借り入れしたお金の返済がすべて免除されるわけではありません。

 

任意整理とは、基本的に、今ついている利息を免除してもらい、現在の借り入れ残高(借り入れ元金)のみの返済にしてもらうよう債権者にお願いする方法です。

 

そのため、和解が成立すると、その和解案に従って返済が始まります。その返済に要する期間は、3年から5年以内とされています。

 

そして、その期間は和解交渉で、あなたが任意整理を委任した弁護士、または司法書士(以後代理人と記します)と債権者とで行われる交渉の際に確定します。

 

その期間の確定は、代理人が算出した返済計画案をもとに、債権者と話し合われます。返済計画案とは、あなたの収入から生活費を引き、その金額から毎月どの程度あなたが返済できるかというシミュレーションから導き出された返済の計画案です。

 

その計画案に沿って、代理人と債権者が話し合い、最終的に返済期間が決定します。

 

利息を多く払いすぎていた場合

 

任意整理の返済期間

任意整理は、基本的に将来発生する利息を免除してもらう債務整理ですが、それ以外に現在の借り入れ残高が大幅に減り、返済期間も短縮が可能になる場合があります。

 

それは、利息制限法が成立する前からの借金がある場合です。その当時からの借り入れがある多くの人が、グレーゾーンの利息額で借り入れの契約をしています。

 

その当時の利息は、利息制限法の上限を超えているため、利息を多く払いすぎています。その払いすぎた利息は、返還してもらうことができ、任意整理を行う際にその返還交渉を同時にしてもらえば、現在残っている借り入れ残金から、その金額を引いてもらえます

 

多い人では、その返還額で残っていた借金がほとんど相殺されたり、中には、逆に返済しすぎていてお金が戻ってきたという人もいます。

 

あなたにもそのような減額が見込めるかどうかは、任意整理を行う際に、任意整理を依頼した弁護士または司法書士がきちんと確かめてくれますので、もし、あなたがそれに該当するようなら、元金が減ることによって、返済期間も大幅に短縮できる可能性があります。

 

 

 

関連ページ

任意整理の流れ
任意整理の委任から和解まではどのくらいかかるのでしょう?また、任意整理の委任から和解、返済までの流れはどのように進んでいくのでしょう?