任意整理 和解 流

任意整理の和解までの期間

 

任意整理の和解までの期間

任意整理の和解までの期間はどのくらいかかるものなのでしょう?

 

債権者と、あなたが依頼した弁護士や司法書士が、あなたの任意整理について交渉を行っって、双方の合意点に達したところで和解となります。

 

その期間は概ね半年くらいで和解されることが多いようです。

 

あなたの代理人が少しでもあなたにとって、有利な状況で和解しようとすることで、債権者との掛け合いに時間がかかったり、債権者側の都合などによって、その時間に差が出てしまうこともあります。。

 

また、複数の借入先がある場合には、それぞれ個々に交渉を行っていくため、それぞれの借入先ごとに和解に至る期間が異なってきます。

 

和解から返済開始までの流れ

 

任意整理の和解までの期間

任意整理の和解から返済開始までの流れについて、順にご説明しておきましょう。

 

交渉が始まる前に、委任した弁護士や司法書士によって、借金の内容ついての調査などが行われます。その調査は以下のようなもので、その内容についても簡単に触れておきましょう。

 

任意整理の和解までの流れ

  1. 受任通知発送
  2. 債務調査
  3. 債務整理案作成
  4. 和解交渉

 

受任通知発送

まずは、あなたが弁護士や司法書士と契約をして任意整理を実行する場合、まず最初に受任通知を債権者宛に送付してもらいます。

 

受任通知とは、債務者が弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼したことを債権者に対して知らせる書面ですこの受任通知を送付することによって、任意整理の第一歩が始まります。

 

債務調査

その後、借入金の返済時に支払った利息が、利息制限法の上限を越していないかを、引き直し計算でチェックし、債権者とあなたとの借り入れや返済状況をすべて確認したうえで、現在の借入残高を調べる「債務調査」が行われます。

 

債務整理案作成

 

債務調査が終わり、あなたの現在の借入残高が確定すると、その残高を分割で返済していく際に月々あなたがいくら返済できるかを割り出し、完済までの返済計画案を作成します。

 

あなた(または、あなたの家庭)で必要な月々の生活費(住居費、食費、教育費、交際費、通信交通費、等)を差し引いて、どれくらい返済に充てることができるかを試算します。

 

その金額が3年から5年で完済できるように「債務整理案」を作成します。

 

和解交渉から返済スタートまで

 

債務整理案が出来上がったところで、それをもとに債権者との交渉が行われ、双方の合意したところで和解が成立します。

 

和解成立するとに、その債務整理案に沿って返済がスタートします。

 

 

 

関連ページ

任意整理の返済期間
任意整理の返済期間はどのくらい?任意整理の済期間は、債務者の返済能力によって、債権者との和解交渉で決められますが、通常は3年、長くても5年以内に完済することになります。