任意整理のメリット、デメリット

任意整理のメリット、デメリット

 

借金解決のための任意整理には、どのようなメリット デメリットがあるのでしょう?

 

任意整理を依頼する前に、あなたにとってどのような影響があるのかを、きちんと理解しておいてください。

 

 

 

 

 

任意整理のメリット

 

利息の免除


任意整理を行うと、今まで返済の際に支払っていた利息が免除され、返済金はすべて借入金の返済に充てられます。

 

ということは、利子0円で借金をしているという状態になるということです。

 

今まで一生懸命に返済しても、なかなか減らなかった借り入れ残高が見る見るうちに減っていきます。そのため、返済するモチベーションもアップすること間違いなしです。

 

督促ストップ

 

もし、今あなたに督促が来ているとしても、任意整理を行うことを代理人から債権者に告げてもらうと、すぐにその督促がストップします。

 

また、債権者は直接債務者と連絡することができなくなる(連絡は必ず代理人を通差なければなりません)ため、任意整理したことに対して、あなたに苦言をすることもできないので安心してください。

 

多くは代理人が行ってくれる

 

債務整理を弁護士、または司法書士に委任してしまえば、和解が成立して返済が始まるまでは、あなたの出番はありません。

 

全てあなたが委任した代理人が、借り入れの調査から返済計画書の作成、そして債権者との和解交渉まで、すべて行ってくれます。

 

減額が見込める場合がある

 

通常、任意整理では利息の免除だけで、借入金残高が減額されることはありません。

 

但し、利息制限法以上の利息を支払っていた場合には、その支払いすぎた利息分を返還してもらえます。

 

その対象となる場合には、借入残高からその金額が差し引かれるため、返済額が大きく減額になります。

 

任意整理のデメリット

 

新たな借金は一定期間できない


任意整理をはじめとする債務整理を行うと、その記録が信用情報に登録されてしまいます。これが俗にいうブラックリストです。

 

こも信用情報は、貸金業者や銀行、カード会社などが、申し込み審査の時に行う審査に使われるため、ここに登録されている方への融資は見送られてしまいます。

 

しかし、任意整理を始めた時から5〜7年経過すると、この記録は消滅しますので、その後の借り入れやローンの審査の通過は可能になります。

 

※ただし、今回任意整理を行った業者については、個々の業者内のブラックリストからは、任意整理を行った記録はほぼ永久に消滅しないので、再度の借り入れは不可能でしょう。

 

大きな減額は見込めない場合がある


メリットで紹介した、払いすぎた利息がない場合には任意整理では減額が見込めません。

 

しかし、現在ついている利息は免除してもらえるため、返済が現在より楽になる事に変わりはありまません。

 

関連ページ

任意整理とは?
任意整理とは、借金の返済が厳しくなってしまった人の救済措置として取られる債務整理の中のひとつです。利息を免除してもらえるため、返済がかなり楽になります。
主婦の任意整理
女性が任意整理をの手続きをする際の注意点、ちょっと頭に入れておきたい任意整理の情報をまとめてみました。任意整理を行う女性の参考になれば幸いです。
過払い金の有無でこれだけ違う任意整理
任意整理を考えるとき、どうしても気になるのが過払い金です。過払い金の有無で返済もかなり違いがあります。もし貴女に払いすぎていた利息があればそれを取り戻すことが可能です。