女性の任意整理

女性の自己破産

消費者金融による借金が返済できなくなった場合、自己破産することで借金を帳消しにすることができます。

女性の自己破産

自己破産は、消費者金融による借金を今後どうしても支払うことができない場合に選択される債務整理手続です。

 

他の債務整理である任意整理や民事再生では借金を減額することしかできませんが、自己破産は借金を免除することができるのが特徴です。

 

借金額の大きさ自体は関係なく、支払不能状態に陥れば、自己破産することができます。

 

自己破産の手続は、まず、地方裁判所に破産手続開始の申立てを行ないます。債務者にこれといった資産がなければ、破産手続は申立てと同時に終了します。これを同時廃止といいます。

 

債務者に資産がある場合には、破産管財人が選任され、後の手続はその者のイニシアチブにより進められます。

 

その後、免責許可についての審査に入り、裁判所から許可が下りれば、晴れて借金は帳消しになります。ただし、免責許可には一定の要件が存在するので、誰でも許可が下りるとは限りません。浪費やギャンブルが借金の原因の場合には、不許可となります。

 

 

関連ページ

任意整理とは
任意整理とは、借金の返済が厳しくなってしまった人の救済措置として取られる債務整理の中のひとつです。利息を免除してもらえるため、返済がかなり楽になります。
過払い金の請求
利息制限法の改正により、改正前に払いすぎていた利子は過払い金として返還請求ができます。過払い金の請求には10年という時効があり、それを過ぎると返還されませんのでご注意ください。